サフランは世界一高価なスパイスといわれるハーブの一種で、古来から婦人病の特効薬
万隆堂

人気キーワード

お勧め商品

サフラン

    サフラン 番紅花(ばんこうか)/西紅花の極上品通販サイト、二十年の信頼の老舗【万隆堂】中国では古くから生薬として流通しています。日本で生薬として使用されるサフランは番紅花(ばんこうか)と呼ばれており、鎮静、鎮痛、月経の誘発作用があります。またサフランの薬用成分は優先的に子宮に作用するとされ、月経困難、更年期障害、子宮出血などに効果があるといわれています。

総計 3 レコード
サフラン 番紅花(ばんこうか)/西紅花とは?
    サフラン 番紅花(ばんこうか)/西紅花は世界一高価なスパイスといわれるハーブの一種で、古来から婦人病の特効薬として利用されています。独特の香りと鮮やかな色味を持つことから料理の色づけや染料にも利用されています。 サフランの健康効果: ◎婦人病を予防する効果 ◎記憶障害を改善する効果;1つの花から、3分枝した柱頭が1つしかとれないため、1g採取するのに60~70の花が必要となり、非常に高価な生薬です。生薬として、日本で生薬として使用されるサフランは番紅花(ばんこうか)と呼ばれており、鎮静、鎮痛、月経の誘発作用があります。またサフランの薬用成分は優先的に子宮に作用するとされ、月経困難、更年期障害、子宮出血などに効果があるといわれています。香辛料として、サフランの雌しべは独特の香りを持ち、水に溶かすと鮮やかな黄色を呈します。そのためヨーロッパ中南部や南アジア北部、中央アジア、西アジア、北アフリカを中心に料理の色付けや風味付けのための香辛料として利用されています。サフランの色素は油に溶けないため、料理に使用する際は水かお湯にひたし、色を浸出させてから着色した液を料理に加えます。サフランは独特の香りを放つため適合する料理が限られていますが、魚介料理とは相性が良いといわれています。 サフランの保存方法: サフランを保存する際は空気に触れないよう密閉容器に入れ、乾燥した冷暗所に保存するようにします。 サフランは非常にデリケートなスパイスであるため、直射日光に当てたり、長時間空気中に放置すると、サフラン独特の香りが失われ品質が低下するため注意が必要です。 サフランの品質: サフランの品質は、黄色の色素成分であるクロシン、苦味成分であるピクロクロシン、香り成分であるサフラナールの含水率と色、風味、香りで決められています。国際標準化機関であるISO[※3]の定めるところによって分析試験が行われ、その結果をもとに数値化されています。
配送方法 | 【万隆堂】を初めてご利用の方 | 会社概要 | 健康情報 | sitemap