サフラン 番紅花(ばんこうか)/紅花 婦人病を予防 5g
万隆堂

お勧め商品

ホーム > 雲南土産 > サフラン > サフラン 番紅花(ばんこうか)/紅花 婦人病を予防 5g

サフラン 番紅花(ばんこうか)/紅花 婦人病を予防 5g

サフラン 番紅花(ばんこうか)/紅花 婦人病を予防 5g
  • 顧客様のレビュー: comment rank 5
  • 商品番号 :VKP000052
  • 商品規格:5g/袋
  • 市場価格:13200円 当店売価:11000円
  • 購入量:
  • サフラン 番紅花(ばんこうか)/西紅花の格安通販サイト二十年の信頼の老舗【万隆堂】|生理痛、生理不順、更年期障害、インポテンツ、肝臓肥大、ヒステリー、うつ病、リューマチ、咳、慢性的下痢などによいということで、たいへん高い評価があたえられています。発癌抑制作用;抗ストレス・抗疲労作用;恒常性維持作用;抗アレルギー作用;抗酸化作用などの効果がある。

商品詳細:

 

 

サフラン 番紅花(ばんこうか)/紅花 婦人病を予防 5g

サフラン 番紅花(ばんこうか)/紅花 婦人病を予防 5g

サフラン 番紅花(ばんこうか)/紅花 婦人病を予防 5g

サフラン 番紅花(ばんこうか)/紅花 婦人病を予防 5g

サフラン 番紅花(ばんこうか)/紅花 婦人病を予防 5g

サフラン 番紅花(ばんこうか)/紅花 婦人病を予防 5g

サフラン 番紅花(ばんこうか)/紅花 婦人病を予防 5g

サフラン 番紅花(ばんこうか)/紅花 婦人病を予防 5g 

サフラン 番紅花(ばんこうか)/紅花 婦人病を予防 5g

サフラン 番紅花(ばんこうか)/紅花 婦人病を予防 5g

 

 

 

サフラン・番紅花/西紅花 とは?

古代から今日まで、サフランは、古代ギリシャ時代に「医術の父」と呼ばれていたヒポクラテスによりリウマチや痛風の治療に使用されていたことの記録が残されており、また、漢方薬及びインド伝統医学であるアーユルヴェーダ医学にも、更には古代エジプト王のファラオ時代の医療薬としても利用されております。
サフランとはアヤメ科のハーブで青紫色の花が1球に1つ咲く。1つの花から、3分枝した柱頭が1つしかとれないため、1g採取するのに60~70の花が必要となり、非常に高価な生薬です。
開花時期は秋口で、体が冷え始める時期に開花という事で、昔の人は、冷え性予防や血行改善の目的で採取していました。昔の人は「冷え性は万病の元」と言う事で、現在より寿命が短かった昔では体を冷やす事は大病につながると敏感だったかもしれません。サフランで使用する部位は、花のメシベ(上記の写真で赤く細長い部分)を乾燥させたもの。これをお湯で割ると、綺麗な黄色に変身!

 

サフラン・番紅花/西紅花 効能効果

婦人病を予防する効果

薬用には、婦人の血の道の薬として更年期障害、月経困難、無月経、月経過多などに用いられます。
生理痛、生理不順、更年期障害、インポテンツ、肝臓肥大、ヒステリー、うつ病、リューマチ、咳、慢性的下痢などによいということで、たいへん高い評価があたえられています。
生薬としては番紅花(ばんこうか)と呼ばれ、気分の優れないとき、ヒステリー気味のとき、なかなか寝つかれないとき、頭痛、めまいなどに効き目を発揮する。体内の毒素を排泄する役割「デトックス効果」も期待できます。サフランは細くなった血管を広げる働きもあり、血液をサラサラにし体全体の血の巡りを促進することで、体内の老廃物が排泄されるのです。体内の毒素が排泄される事で、慢性疲労、高血圧、高コレストロール、うつ症状にも有効です。
鎮静、鎮痛、通経薬として、精神疾患、月経痛、月経不順、閉経などに応用する。活血化瘀、通経の効能は紅花と同じで薬力がはるかにすぐれ、涼血解毒、解鬱安神にも働くので、紅花と同様に使用するほか、温病の熱入営血にも用いる。特に斑疹で熱象が強くて血流が滞り、斑疹の色がどす黒くて鮮明でないとき、また温病の熱が血分に入る証候などに用いる。

 

サフランの効能のまとめ!
・慢性疲労回復
・頭痛、冷え性解消
・生理不順緩和
・更年期障害
・血行改善
・心身不調改善(うつ緩和)
・動脈硬化改善
・高コレストロール緩和
・ドロドロ血液をサラサラに

・婦人病を予防する効果

・ 記憶障害を改善する効果

 

サフラン・番紅花/西紅花 薬理作用

No.1 生体防御系
発癌抑制作用;抗ストレス・抗疲労作用;恒常性維持作用;抗アレルギー作用;抗酸化作用;

No.2 内分泌・代謝系
脂質代謝改善作用;血中コレステロール低下作用;

No.3生殖器系
子宮興奮作用;子宮収縮作用;

No.4 中枢神経系
記憶・学習改善作用;鎮静・睡眠作用;

No.5 循環器系、凝固・線溶系
線溶活性亢進作用;血液凝固抑制作用;血小板凝集抑制作用;

No.6 心臓・血流
循環改善作用;血管拡張作用;血圧降下作用;強心作用;呼吸興奮作用;

No.7 消化器系
利胆作用;

 

 

サフラン・番紅花/西紅花はこんな方におすすめ

 

○月経不順でお悩みの方
○生理痛でお悩みの方
○更年期障害でお悩みの方
○ストレスやわらげたい方
○物忘れが多い方

 

 

 

●サフラン・番紅花/西紅花 使用方法 

医薬品:

1日量0.3~0.5g*が一般的です。
効果がみられない場合は、様子を見ながら適宜増量します。用法には、そのまま水または湯で服用する方法と振り出し法などがあります。
振り出し法とは、1回量に熱湯100~150mLを加えて浸出させ、5~10分後に香りや色を楽しみながら残り滓も一緒に服用する方法です。1日3回食前または食後に服用します。

 

食 品:香辛料として食品売場などで販売されています。

利用法:ブイヤベース、ピラフ料理などの着色料に用いられています。 

サフランは世界一高価なスパイスといわれるハーブの一種で、古来から婦人病の特効薬として利用されています。独特の香りと鮮やかな色味を持つことから料理の色づけや染料にも利用されています。 

 
他の詳細
商品名称 サフラン(さふらん)番紅花(ばんこうか)/西紅花/蔵紅花
基原 アヤメ科 Iridaceae のサフラン Crocus sativus L. の柱頭および花柱の上部
成分 黄色カロチノイド配糖体crocin(crocetin digentiobiose ester)、その他のカロチノイドとしてcrocetin、crocetin dimethyl ester、carotene、lycopeneが含まれています。
また、苦味配糖体picrocrocin、芳香精油成分safranal、savitol、adenosine、ビタミンB2、脂肪油などが含まれています。
picrocrocinは加水分解によってsafranalを生じるため、古くなったサフランは、苦みが減り芳香が強くなります。
含有量はそれぞれcrocin2%、picrocrocin2%、精油1%、脂肪油10%程度といわれており、中枢系の作用はカロチノイド類、血小板凝集抑制などの循環器系の作用はadenosineが、その大部分を担っていると考えられています。
有效期間 720日
貯 蔵 サフランを保存する際は空気に触れないよう密閉容器に入れ、乾燥した冷暗所に保存するようにします。サフランは非常にデリケートなスパイスであるため、直射日光に当てたり、長時間空気中に放置すると、サフラン独特の香りが失われ品質が低下するため注意が必要です。
商品製作 [産地]中国雲南産;[加工]万隆堂

 

 

 

レビュー(全部で0個のコメント)

  • まだいかなるユーザーの評論がありません
総計 0 レコード,全部で 1 ページ。 第一ページ 前ページ 次のページ 最後のページ
メンバーID: 匿名
タイトル:
評価:
本文:
認証コード: captcha
配送方法 | 【万隆堂】を初めてご利用の方 | 会社概要 | 健康情報 | sitemap